ホーム つるし飾りとは イベント情報 写真館 ももの会加盟店 お問い合わせ リンク
つるし飾りとは
ももの会イメージ
雛のつるし飾りの謂れ
伊豆稲取温泉では、ももの節句に手作りのぬいぐるみを雛壇の両側に竹ひごから 赤い紐で吊す風習があり、江戸時代から続いております。

女の子が生まれた家では初節句を迎える際、無病息災を願って百十個の雛飾りを 縫います。その百十個の飾りは、それぞれ意味のある謂れがあり、母や祖母は、 子の幸せを祈りながら一針一針縫い上げます。

時代をさかのぼれば、段飾りが買えないので着物のはぎれで願いを込めて作られ たという説もあります。

娘が成人した年に「どんど焼き」にくべる習慣があったため、古いものはほとんど残っていません。

戦後一時廃れましたが、平成に入って稲取の婦人会が中心となって復活しました。

今では商店や旅館などの店先にも 飾られるようになり、観光のお客様が詰めかける伊豆の春を象徴するお祭りに発展してまいりました。
HOMEつるし飾るとは?イベント情報写真館ももの会加盟店雛のつるし飾りの謂れお問い合わせリンク
Copyright (C) Inatori-Momo-no-kai. All Rights Reserved.

雛のつるし飾り,伊豆稲取,つるし飾り,つるし雛,稲取,ももの会,稲取ももの会